猫話2 「誤診?」のおかげ!?

992年サンデーと共に引越した。今度は周りが広々とした畑が広がり、近くの牧場からは牛の鳴き声。
のどかな環境の中で、サンデーも時々の散歩を楽しんでいた。

当時、入れ代わりいろんな猫達がやって来た。よく猫は集会を開いているっていうけど、「あそこに行けばご飯食べられるよ」
なんて情報交換していたのかもしれない。

ミケもそんな猫達のうちのひとり。始めはちょっと警戒モード。私の姿が見えなくなるとご飯を食べる。そのうち側にいても大丈夫。
さらに今度は車庫の辺りで帰りを待っている!玄関に向かう間、ニャーニャー鳴きながら足に擦り寄ってくる。
う、こうなったらちょっと辛い・・・。でも家にはサンデーがいるしなあ・・・。

だんだん冬が近づいて来た。マイナス20度にもなる十勝の冬、ミケも寒さをしのげる場所がなきゃ。車庫の中にタイヤを重ねて、
その上にミケの寝場所を置いた。うまく入ってくれるといいんだけど・・・。
2.3日心配で、夜様子を見にいくと、あ、入ってる入ってる。よかった〜。毎晩カイロも入れて、結構暖かくなっていた。


ミケ ミケ、そろそろ12歳

甘えん坊だけど、すぐに猫パンチが。
いざとなったら、捨て身で犬にも立ち向かう
気の強さ。

ケの変化に気づいたのは12月に入ってからの事。なんかお腹が膨らんでいるような・・・。
それにおっぱいも目だっているし・・・えっ!?これってもしや〜!!!

取り合えず、夫がミケを動物病院へ連れて行く。超音波もあてて診てもらったら、何匹かは診断できないけど赤ちゃんがいるって!!どっひゃ〜っ、こりゃ大変!こんな真冬に外で生ませる訳にもいかず、ミケは家で出産させる事にした。
それから本を買って来て、猫のお産についての勉強。本に書いてあった通りにダンボール箱を切ったり張ったりして産箱も用意した。よし、ミケ準備はできたからね。安心して産んでいいんだよ〜。

        
                                
おてんばのミケ ちょっと、ミケちゃん!
あなた妊婦にゃんだから〜。


                         1月、年が明けた。そろそろかな?でもまだ生まれない。

                         1月半ばもすぎ・・・いよいよ!?でもやっぱり生まれない・・・

                         1月末、全然生まれる気配もない!ちょっと、これって変!!


またまた病院へ連れて行った。そしたら、そしたら赤ちゃんはいないって!
そ、そんな! だって確かにお腹にいるって・・・。という事は、ただミケが太っただけだったの?

一度家に入れてしまって、今更外に出すなんてできないでしょう!?
まあ、サンデーとは喧嘩もせずに何とか暮らしているし、ミケちゃん このまま家の子になっちゃおうか!?
せっかく作った産箱、これが結構ミケもサンデーもお気に入り。サンデー用にもう1つ作ってあげた。

それにしても超音波で見えたものは何だったのか今も不思議。ひょっとしたら、ミケと先生はアイコンタクトで会話をしてたのかも・・・。

ミ ケ 「先生、私お家に入りたいの。赤ちゃんいる事にして。お願いにゃあ!」
先生 「わかったよ。大丈夫、まかせなさい!」
                                                                  (2004年2月8日 記)   

産箱
大活躍の産箱×2



猫話へ



オリジナルグッズ l インテリア l 猫柄食器 l ファッション小物 l 和風小物 l ステーショナリー l 猫用グッズ l 肉球グッズ l ギフト l その他 | Wachifield
欠品中の商品について | ラッピングについて | セール商品 | 今月のおすすめ | メールマガジン

猫グッズ・猫雑貨のお店 Grooming(グルーミング)